2022年06月27日

まゆ毛パーツ美容で顔印象が劇的アップ!まゆ毛美容液「眉セラ」

【まゆ毛美容液「眉セラ」について】
人気を集めるパーツ美容の中でもまゆ毛に悩む全て女性のために、
成分配合率に徹底的にこだわり抜いたまゆ毛美容液です。

顔印象の8割以上はまゆ毛が占めると言われていて、
まゆ毛のパーツ美容を取り入れれば、悩みを解消できるだけではなく、
顔印象をもっとよく見せていくことができます。

まゆ毛ジプシーの女性は数多くいるので、まゆ毛専用に作られた眉セラは大人気です。


【次のような方がご愛用しています】
・マロ眉、薄眉が恥ずかしい
・朝の眉メイクが大変
・人相が悪く見えて悩んでいる
・左右のまゆ毛がアンバランス
・立体感のある垢抜けたまゆ毛に憧れている
・顔印象をもっと良くして綺麗に見せたい


【商品特徴】
★1本5機能
・眉育
4種の眉育成分で、ハリコシアップやまゆ毛の補修など、映えるまゆ毛を育成します。
・ボタニカルコート
植物由来成分でまゆ毛を外的刺激から守ります。
・アフターケアジェル
眉を抜いたり剃ったりして整えた後に、保湿用ジェルとしての効果があります。
・美メイクソリューション
塗布効果で眉ハネをなくしたり、肌保湿効果でメイクノリをよくしたり、
普段の眉メイクを美しく魅せるためのサポート効果があります。
・眉トリートメント
トリートメント効果でまゆ毛に魅せツヤを演出したり、補修効果で美しく魅せます。

★汗っかきや脂性肌でも使いやすい
トンガ王国産モズクのヌメリ成分「フコイダン」を配合。
油分にも水分にも馴染みやすい性質があり、汗っかきや脂性肌でも使いやすいです。

★とろみのある美容液
わずかなとろみのおかげで、美容液が長くお肌にとどまってくれます。
とろみのおかげで、液だれが少ないことも特徴です。

★乾きの早さ
乾く速さも、朝のメイクの妨げにならないくらいなので、時間を選ばず使いやすいです。

★美容成分配合濃度
90%以上

★無添加
合成香料・合成着色料・合成界面活性剤・アルコールの4つの無添加です。


【配合成分】
★ヒト脂肪細胞順化培養液
医療分野でも応用した活用のための研究が進められる次世代美容成分。
500種以上の美容成分と200種以上のグロースファクターを含みます。
レセプター(お肌のかぎ穴)に合致する成分を豊富に含むので、
角質層までグングン浸透します。

★キャピキシル
天然植物由来のハイブリッド美容成分で、育毛成分ミノキシジルの3倍の効果を持つとも評価されます。
豊富なイソフラボンと4種類のアミノ酸を含み、キャピキシル利用者の口コミや高い評判も特徴です。

★ワイドラッシュ
美国フランスで生まれたハイブリッド原料です。
まつ毛美容液に使われることが多く、まゆ毛美容液に応用配合しました。

★フコイダン
トンガ王国産の希少種のモズクから採取されます。
世界で2番目に深いトンガ海溝に南極の激しい潮流が流れ込む厳しい環境下で育つため、
トンガ王国産モズクは自ら必要なフコイダンを生み出します。そのため、ワカメなどの約25倍ものフコイダンを含んでいます。
また、水質汚染なしの綺麗な環境でもあるので、豊富なミネラル分を含むことも特徴です。


【類似商品との差別化ポイント】
<まつ毛美容液>
まつ毛美容液をまゆ毛と併用して使えると訴求しているメーカーもありますが、
まゆ毛を含む顔には必ず菌が存在しているので、併用は推奨できる使用方法ではありません。

併用して使うと目が腫れたり、炎症を起こすリスクも孕むため、
まゆ毛にはまゆ毛専用のパーツ美容が大切です。

<眉ティント>
油分をオフしないと綺麗に色づかないので、お肌を乾燥状態にしないといけないデメリットがあります。
さらに、綺麗に色づけるためには通常2〜4時間必要になります。
眉ティントは数日しか持たないので、2〜4時間が数日おきに必要です。
まゆ毛美容液でのパーツ美容なら、しっかり保湿できるうえに1日わずか10秒で自眉を綺麗に育成できます。

<アイブロウサロン>
サロン通いする手間がかかり、価格も10,000円を超える所も多いです。
眉形は綺麗に見えますが、どうしても人工的になり、顔の中でまゆ毛だけが浮きやすいです。
まゆ毛美容液であれば、ナチュラルな立体感と垢抜け感を自眉で作り上げていくことができます。

<アートメイク>
痛みがあったり、失敗してしまうと長い期間消せないというデメリットがあります。
また、医療行為になるので、やり方を間違えると肌に悪影響を与え、痛みや腫れがずっと続くケースもあります。
まゆ毛美容液なら、生やしていきたい所にだけ塗布したりして、
塗布の工夫で自分好みのまゆ毛に育成していくこともできます。


posted by 仲間 at 21:01| Comment(0) | 大人気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: