2020年04月04日

ピュアビタミンC配合のナチュールシー高濃度ビタミンC美容液

◆natu-reCとは
希少なピュアビタミンCをたっぷり使用したビタミンC美容液です。
ビタミンC本来の効果を最大限に感じられるように、合成物ではなく、
100%純粋なビタミンCを配合しました。
また、独自処方の「レイヤーボール構造」を取り入れることで、
お肌のより深くまで(※角質層まで)有効成分を行き渡らせることができます。
ビタミンCはヒアルロン酸やコラーゲンを生成し、かさつきやキメの汚れ、
くすみやハリの改善に効果的なので肌悩みにしっかりアプローチすることができます。

*ビタミンCの肌への効果
ビタミンCには強力な抗酸化作用と皮脂抑制作用があります。
肌が酸化すると細胞が破壊され、かさつき、ハリ不足、肌のざらつき等の肌老化に繋がります。
ビタミンCにはその「酸化」を抑制する「抗酸化作用」があるため、
カサツキやキメの汚れ、くすみやハリの改善に効果的です。
また、メラニン生成を抑制する作用もあるので、カサツキ予防にも効果的です。



*ピュアビタミンCについて
一般的に化粧品に使用されるビタミンCには @ピュアビタミンC AビタミンC誘導体 の2種類あります。

ピュアビタミンCは濃度100%のビタミンCそのものです。
ビタミンCは濃度が高い方が肌への効果も大きくなります。
しかしビタミンC自体が酸化(劣化) しやすい物質であり、
そのままでは肌で効果を発揮するまでに成分が壊れてしまいます。
ピュアビタミンCを酸化させずに肌の奥まで届けるように化粧品化するには
高い技術力が必要となり、価格も高価になりがちです。

ビタミンC誘導体は酸化を防ぐための成分を合成しており、
ビタミンC自体の濃度は50%前後と低くなります。
商品化が容易で刺激も小さいため、一般的に出回っているビタミンC化粧品の多くは
ビタミンC誘導体を使用したものになっています。
ただし、ピュアビタミンCと比較すると濃度は低いので、効果もその分マイルドになります。

*natu-reCの競合優位性
・「レイヤーボール構造」でピュアビタミンCを化粧品化している
濃度が高い=肌への効果も大きいピュアビタミンCは酸化(劣化)しやすい物質のため化粧品化が難しいですが、
natu-reCは「レイヤーボール構造」という独自の構造により化粧品化しています。
ピュアビタミンCは酸素に触れると劣化しますが、
「レイヤーボール構造」は酸素に触れないような構造になっています。
natu-reCは「レイヤーボール構造」によりピュアビタミンCを酸化させることなく
肌の奥深く(※角質層)まで届けることができます。
natu-reCはピュアビタミンCが7.5%配合しており、高濃度のビタミンC美容液となっております。

-水、香料不使用
水、香料不使用です。※水に溶かすとビタミンCの効果が薄れてしまいます。

-使用感、価格など
オイルっぽいテクスチャーですが、ベタベタはせず、
肌に馴染ませるとさらっとしたテクスチャーに変わります。
ツヤがでるので、ツヤ系のメイクとも好相性です。
また、1本18mlで通常料金8000円(定期初回は1980円、2回目以降6980円)ですが、
ピュアビタミンC使用の他社製品は量が少ないものが多く、コストパフォーマンスは高いと思います。

◆使用方法
・公式案内:化粧水でお肌を整えた後、ご使用ください。1〜2プッシュ手に取り、
 肌全体にゆっくり伸ばしていきます。気になる部分には重ねてお使いください。
・非公式:たっぷり使った方が効果を感じやすい/朝晩使用OK/朝使用の場合は日焼け止めの使用を推奨/
 化粧水で保湿した後の方が伸びがよく使用感はいいが、肌への効果は洗顔後すぐの方が出やすい


純粋なビタミンC(ピュアビタミンC)を使用しており、
数あるビタミンC化粧品の中でも高濃度のビタミンC美容液となっております。
高濃度ビタミンCで同価格帯の他社商品と比較するとnatu-reCは18mlと量が多めです。
同じ1ヶ月分の記載でもml単位でみると大きく異なり、
ビタミンC美容液で比較する際はコスパで推してもらうのもよいかと思います。
また、定期初回約75%OFFで1,980円で、定期縛りはなく1回目から解約可能なので、
その点も推しやすいポイントかと思います。
高濃度のビタミンCであるが故にピリピリとした刺激を感じることもありますが、
香料や着色料は一切不使用という点での安心感もあると思います。
【関連する記事】
posted by 仲間 at 10:45| Comment(0) | 大人気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: