2019年02月06日

リレーアタック防止 電波遮断 対策


現在販売されているクルマの大体の車種に設定されている◆スマートキー◆ポケットに入れたまま鍵の施錠やエンジンスタートができ大変便利なアイテムだが、実は、そんなスマートキー搭載車を狙う「リレーアタック」という盗難手口が、ここ最近増えているのを知っていいますか?

リレーアタックの手口は、 犯人Aがスマートキーに近づき特殊な専用機器を利用してスマートキーから常時発信される微弱な電波を中継する。犯人Bは、車両の隣で待機し電波を受信しドアをアンロック、エンジンを始動し乗り逃げするという手口です。

スマートキーはイモビライザーと呼ばれるセキュリティと連動しており、極めて高度な盗難防止機能を持っている。したがってスマートキーを使っている限り、盗難されることなどないというのがメーカーの言い分でした。

しかしリレーアタックは、個々の車両純正キーが発する信号を使った手口のため、電波を遮断するポーチにリモコンそのものを入れるなどの方法以外に防ぐ手段がないのが現状です。また、ロックしたドアの解錠に連動してシステムがOFFになる市販のセキュリティシステムでは、かならず解除されてしまう。
どんなに強固な盗難防止システムを持つ最新型車でもドアロックは瞬時に空き、プッシュボタン押せばエンジン掛かって盗めてしまうというから、これまでの安全に対する意識も変わってくる。

続く。。。。。。。。。。。
posted by 仲間 at 00:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: